Nvidia Jetson Nano 2GB の開封とチュートリアルを行う

GPU

Jetson Nano 2GB を購入したので、開封とチュートリアルを行なっていきます。

開封

内容物は下記画像の通りで、本体とクイックスタートガイドしか付属していない現代的なパッケージとなっている。

電源ケーブルやmicroSD カード等は付属していないので、下記ページを参考に別途購入が必要。

以降、公式のチュートリアルに沿って進めていく。

microSD カードへのデザインの書き込み

まずは下記URL からmicroSD カードへ書き込むデザインをダウンロード。6.45 GB あるのでネットワーク環境に注意。

ダウンロードが完了したら書き込みを行うが、OS によって方法が異なるので、それぞれの環境に応じて下記URL から確認してほしい。

なお、私はMac から書き込みを行ったが、権限の関係で書き込みができないという事態が発生した。
下記サイト様を参考にすることで問題の回避に成功している。

https://raspida.com/etcher-error

書き込みには20分程度かかった。次はいよいよ起動を行う。

Jetson Nano 2GB の起動

起動までのステップはチュートリアルにおおよそ書いてあるが、自分のために日本語化しておくこととする。

  1. microSD カードを本体に挿入する
  2. 本体を導通しない物の上に置く
  3. HDMI ケーブルでディスプレイと接続する
  4. キーボードとマウスをUSB 2.0 ポートに接続する
  5. USB Type-C 電源を接続する

電源を接続すると自動的に起動する。その後の流れは以下の通り。

  1. NVIDIA Jetson software EULA の内容を確認し同意する
  2. システム言語、キーボード配列、タイムゾーンを選択する
  3. ユーザー名、パスワード、コンピュータ名を指定する
  4. アプリケーションのパーティションサイズを指定する(Max. Size 推奨)
  5. スワップファイルを作成する(作成しないは非推奨)

ここまで完了すると以下のようなデスクトップ画面が表示され、Jetson Nano 2GB 上での開発が可能となる。

なお、起動までのステップはディスプレイやキーボード、マウスを使用しない方法もあるようなので、下記ページの「Initial Setup in Headless Mode」を参照してほしい。

この先は君の目で確かめてくれ!

Jetson の可能性は無限大だ!