Ultra96-V2 でLチカを行う

FPGA

Ultra96-V2 のチュートリアルに沿い、LED 点灯を行います。

micro SD カードにイメージを書き込み

Ultra96-V2 に付属のmicro SD カードにイメージを書き込む
チュートリアル用のイメージを下記リンクからダウンロード可能

http://avnet.me/ultra96-v2-oob

圧縮された状態で761.5 MByte, 解凍するとおよそ16 GByte となるので注意が必要

次に書き込み用の専用ソフトをダウンロード&インストール

https://www.balena.io/etcher/

インストール完了後起動すると以下の画面が現れる

Select Image で解凍したイメージを、Select Target でmicro SD カードを選択しFlash すればOK

Ultra96−V2 起動

microSD カードを挿入し、SW4 を押下するとUltra96-V2 が起動する
しばらくしてDONE にある青いLED が点灯すれば起動成功

UART 経由でログイン

UART 経由でUltra96-V2 へログインを行う
PCとUltra96-V2 をAES-ACC-U96-JTAG 経由で接続する

ターミナルを起動し、下記コマンドにて接続を確認
usbserialが2種類確認できる

$ ls -l /dev/tty.*
crw-rw-rw- 1 root wheel 18, 4 8 13 18:08 /dev/tty.Bluetooth-Incoming-Port
crw-rw-rw- 1 root wheel 18, 2 8 13 18:08 /dev/tty.MALS
crw-rw-rw- 1 root wheel 18, 0 8 13 18:08 /dev/tty.SOC
crw-rw-rw- 1 root wheel 18, 10 8 20 19:30 /dev/tty.usbserial-1234_oj10
crw-rw-rw- 1 root wheel 18, 12 8 20 19:30 /dev/tty.usbserial-1234_oj11

UART は/dev/tty.usbserial-1234_oj11 なので、以下のコマンドで接続する

$ sudo cu -s 115200 -l /dev/tty.usbserial-1234_oj11

Login / Password ともにroot でログインが可能

ultra96v2-oob-2018-3 login: root
Password:

Wifi 接続

UART 経由でログイン後、Ultra96-V2 をWifi に接続するための設定を行っていく
接続可能なWifi は2.4 GHz 帯のみで、5.0 GHz 帯には接続できないので注意


~/wpa_supplicant.confをvim を用いて以下のように編集

  • <ssid>: 接続するwifi のSSID
  • <pass>: 接続するwifi のパスワード
$ vim ~/wpa_supplicant.conf
ctrl_interface=/var/run/wpa_supplicant
ctrl_interface_group=0
update_config=1
network={
	key_mgmt=WPA-PSK
	ssid="<ssid>"
	psk="<pass>"
}

編集完了後、~/wifi.shを実行することでWifi への接続が完了する

エラーが出力される場合、~/wpa_supplicant.confの設定に問題がないか確認

$ ~/wifi.sh

下記コマンドにてIP Address を確認し、適切に表示されればOK

$ ifconfig

Lチカを実行

設定が適切に完了していれば、先程確認したIP Address にてUlatra96-V2 へのアクセスが可能になっている

PC のブラウザのURL 欄にIP Address を入力すると、以下の画面が表示される

アクセス完了後、「Ultra96 GPIO LEDs」をクリックすると以下のページに遷移

ドロップダウンリストの値を変更すると、ボード上のLED も切り替わることが確認できる
以上にてチュートリアルのLチカが完了

mini DP からディスプレイに出力してのLチカ

ここまではUltra96-V2 をWifi に接続した上でPC 上のブラウザからアクセスしてきたが、mini DP 経由ディスプレイに接続してLチカを行うことも可能

私の環境では mini DP -> HDMI -> ディスプレイ と接続しているが、mini DP -> HDMI 変換ケーブルはアクティブタイプである必要があるので注意

DisplayPortの「アクティブ」「パッシブ」とは? | 雑談記

下記製品で動作を確認している


Ultra96-V2 を起動すると自動的にブラウザが立ち上がり、先程と同様のLチカが可能となる。