Ultra96-V2 の開発に必要な環境

開発環境

Ultra96-V2 の開発において、Vivado, Vitis それぞれを使用する場合に必要な環境を記載します。

Vivado を使用する場合

Vivado のインストール要件は下記PDF にまとまっている

https://www.xilinx.com/content/dam/xilinx/support/documentation/sw_manuals/xilinx2019_2/ug973-vivado-release-notes-install-license.pdf

OS

Windows とLinux が利用可能

  • Microsoft Windows 7 SP1 Professional (64-bit), English/Japanese
  • Microsoft Windows 10.0 1809 Update; 10.0 1903 Update (64-bit), English/Japanese
  • Red Hat Enterprise Workstation/Server 7.4, 7.5, and 7.6 (64-bit)
  • SUSE Linux Enterprise 12.4 (64-bit)
  • CentOS 7.4, 7.5, and 7.6 (64-bit)
  • Ubuntu Linux 16.04.5 LTS; 16.04.6 LTS; 18.04.1 LTS; 18.04.02 LTS (64-bit)
  • Amazon Linux 2 LTS (64-bit)

CPU

特段記載はなし

ただし、合成にかかる時間に直結するため、極力高性能なCPU を準備するべき

メモリ

Vivado を利用する場合、必要なメモリはターゲットデバイスによって異なり、下記ページに記載されている

https://www.xilinx.com/products/design-tools/vivado/memory.html

Ultra96-V2 に搭載されているデバイスはXCZU3EG なので以下のようになる

  • Typical: 4 GByte
  • Peak: 6 GByte

余裕をもって8 GByte 確保しておけばOK

ストレージ

特段記載はなし

感覚的には50 GByte 程度準備しておけば問題ない

Vitis を使用する場合

Vitis のインストール要件は下記ページに記載されている

https://www.xilinx.com/html_docs/xilinx2019_2/vitis_doc/aqm1532064088764.html

OS

Vitis で開発を行う場合、基本的にLinux 64bit 環境が必要となる

  • Ubuntu 16.04.5 LTS, 16.04.6 LTS, 18.04.1 LTS, 18.04.2 LTS
  • CentOS 7.4, 7.5, 7.6
  • RHEL 7.4, 7.5, 7.6

CPU

特段記載はなし

ただし、合成にかかる時間に直結するため、極力高性能なCPU を準備するべき

メモリ

Ultra96-V2 にて開発を行い場合、基本的に32 GByte 以上のメモリが必要となる

下記サイトには16 GByte での動作報告もあるが、それ未満での動作は難しいと思われる

https://www.element14.com/community/thread/74668/l/does-using-vitis-with-the-ultra96-really-require-32gb-of-host-memory?displayFullThread=true

ストレージ

100 GByte を必要とするとの記載がある

実際インストール時には一時的に100 GByte を消費するが、インストール完了後は50 GByte 程度に収まる