Ubuntu にVivado & Vitis をインストールする

開発環境

Ubuntu 18.04.2 LTS にVivado 2019.2 & Vitis をインストールします。


アンインストールについては以下に記載しました。

Xilinx のページからインストーラをダウンロード

Vivado & Vitis のインストーラは下記ページからダウンロード可能

ダウンロード

今回はVivado Design Suite - HLx Edition - 2019.2ザイリンクス統合インストーラ 2019.2: Linux 用自己解凍型ウェブ インストーラを利用してインストール

ダウンロード前にXilinx アカウントの入力を求められるため、必要に応じて作成しておく

Mac 側にダウンロードした場合は、下記コマンドにてUbuntu 側に転送しておく

  • <filename> にはダウンロードしたファイルのファイル名
  • <user> にはUbuntu で作成したユーザー名
  • <ip> にはUbunt に設定した固定IP アドレス: 今回は192.168.56.2
$ scp <filename> <user>@<ip>:~

インストールを実行

Virtual Box 上のUbuntu へSSH でアクセス
X転送を有効にするため、-Xオプションを付与する

$ ssh -X <user>@<ip>

インストールに使用する下記パッケージをインストール

$ sudo apt update
$ sudo apt install libxtst6
$ sudo apt install libxi6

インストーラーに実行権限を付与

  • <filename> はインストーラのファイル名
$ sudo chmod 777 <filename>

sudo を使用してインストーラを実行

$ sudo ./<filename>

X転送の設定が問題なければ、インストーラのGUI が起動する

インストールは表示されている内容に従っていけばOK
途中Xilinx アカウントの入力を求められる

インストール完了後下記コマンドを入力し、Vivado が起動することを確認

  • <path>: Vivado をインストールしたpath
$ source <path>/2019.2/settings64.sh
$ vivado

以下の画面が表示されれば起動に成功

なお、sourceコマンドはUbuntu にログインする度に毎回入力が必要
面倒な場合は下記コマンドで.bashrcに追記すると、ログイン時に自動で実行するようになる

  • <path>: Vivado をインストールしたpath
$ echo "source <path>/2019.2/settings64.sh" >> ~/.bashrc