Mac にVivado 2019.2 & Vitis をインストールする

開発環境

Mac にVivado とVitis をインストールし、開発環境を構築します。

Vivado 2019.2の対応OS

対応OS は以下の通り。Mac は対応していないので、Ubuntu のインストールを試みる

• Microsoft Windows 7 SP1 Professional (64-bit), English/Japanese

• Microsoft Windows 10.0 1809 Update; 10.0 1903 Update (64-bit), English/Japanese

• Red Hat Enterprise Workstation/Server 7.4, 7.5, and 7.6 (64-bit)

• SUSE Linux Enterprise 12.4 (64-bit)

• CentOS 7.4, 7.5, and 7.6 (64-bit)

• Ubuntu Linux 16.04.5 LTS; 16.04.6 LTS; 18.04.1 LTS; 18.04.02 LTS (64-bit)

• Amazon Linux 2 LTS (64-bit)

https://www.xilinx.com/support/documentation/sw_manuals/xilinx2019_2/ug973-vivado-release-notes-install-license.pdf#page=8

Ubuntu のインストール

Mac にUbuntu をインストールする方法は大きく分けて2種類

  • Boot Camp: Mac OS とは別にインストール
  • Virtual Box: Mac OS 上にインストール

https://book.mynavi.jp/macfan/detail_summary/id=86827

今回はVirtual Box を選択

Ubuntu にSSH で接続

Mac のTerminal からUbuntu にアクセスするためにSSH を設定。さらにX転送が可能であることを確認

Ubuntu にVivado をインストール

Vivado をインストールし、実行可能であることを確認

Ubuntu からVivado をアンインストール

Vivado のアンインストール方法を追記